小麦中のデオキシニバレノール,3-アセチルデオキシニバレノールおよび15-アセチルデオキシニバレノールのLC-MS/MSによる同時分析法の試験室間共同試験

概要

小麦中のデオキシニバレノール(DON),3-アセチルデオキシニバレノール(3ADON)および15-アセチルデオキシニバレノール(15ADON)のLC-MS/MSを用いた同時分析法を評価するために,9機関の共同試験を実施した.試験には添加試料3種(10,50,150 μg/kg),自然汚染小麦1種と無汚染小麦1種を用いた.DON,3ADONおよび15ADONの回収率はそれぞれ99~103%,89~99%および85~90%であった.また,室内再現性および室間再現性の相対標準偏差はいずれのカビ毒についてもそれぞれ15% および30%を下回り,HorRat値は0.4~1.2の範囲であったことから,本法の有用性が示唆された.

著者

堀江 正一 大妻女子大学
小西 良子 国立医薬品食品衛生研究所
大西 貴弘 国立医薬品食品衛生研究所
田中 敏嗣 神戸市環境保健研究所
永山 敏廣 東京都健康安全研セ
中島 正博 名古屋市衛生研究所
吉成 知也 国立医薬品食品衛生研究所
石黒 瑛一 日本科学飼料協会
内藤 成弘 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所

関連論文

▼もっと見る