アジア諸国のソブリン格付の検証:回帰モデルからのアプローチ

元データ 2008-09-00

概要

アジア通貨危機から10年が経過した今日,中国のめざましい台頭などもありアジア圏における各国の政治経済状況が大きく変わりつつある。このような状況の下で,90年代前半から今日に至るまでのソブリン格付の推移を改めて振り返り,各格付機関が与えるソブリン格付に関する特徴や性質を検証することは,意義深いものと思われる。本研究では,アジアの外貨建てソブリン格付に対して重回帰モデルからアプローチし,アジア各国のソブリン格付けの決定要因,アジア各国のソブリン格付の特徴や,大手格付機関がソブリン格付を与える際のバイアスなどを考察する。\r\nMore then 10 years has passed since Asian currency crisis happened and, as China's rapid economic expansion indicates, political and economic environments around Asian countries are dramatically changing. In such a situation, it is quite useful to examine retrospectively past 10-year dynamics of sovereign ratings of Asian countries provided by major rating agencies. In this research, focusing on the sovereign rating for foreign currency debt, we statistically clarify the important factors that affect the sovereign rating and also shed some light on the country specific feature and the rating agency specific bias of it.

著者

伊藤 隆康 新潟大学経済学部
宮崎 浩一 電気通信大学電気通信学研究科システム工学専攻

関連論文

▼もっと見る