表在性膀胱癌治療におけるBCG療法と手術療法の長期予後への影響

元データ 泌尿器科紀要刊行会

概要

上皮内癌(CIS)を合併する表在性膀胱癌42例に対し,BCG膀胱内注入療法を行った.根治と考えられたのは26例であった.細胞診が陰性化し,いったんCRとして治療を終了したのは36例であったが,経過観察中10例にCISが再度検出された.初回BCGによる治療を行っても細胞診が陰性化せず,効果不十分であったのは6例で,追加治療が必要となったBCG抵抗例は16例であった.膀胱全摘出に至ったのは16例中12例で,5例に上部尿路腫瘍の合併を認めた.膀胱前立腺全摘除術を行った男性10例中3例は,前立腺への膀胱癌浸潤を認めた.最終的に4例25%が癌死したが,上部尿路腫瘍を合併し,予後に影響を与えたのは4例中3例であった.膀胱CIS治療には膀胱外の粘膜への進展も考慮した検査が必要であり,膀胱全摘除術の時期を逸しないことが重要であるFrom the view point that total cystectomy is important in treatment of carcinoma in situ (CIS) of the bladder, we reviewed the cases showing resistance to bacillus Calmette-Guerin (BCG) among 42 CIS treated with intravesical BCG. Twenty-six cases were cured by BCG treatment. Twelve total cystectomies were done in 16 cases of BCG-resistant CIS of the bladder. Four died with urethral invasion or upper urinary tract recurrence. There was invasion into the prostate in 3 cases. The development of CIS to the upper urinary tract and the prostatic urethra is not rare and this has an influence on the prognosis. In bladder CIS treatment, the inspection to see extravesical progression is necessary. It is important not to delay the radical cystectomy.

著者

松井 喜之 京都大学医学部泌尿器科
東 新 静岡県立総合病院
東 新 京都大学 大学院医学研究科泌尿器科
高橋 毅 兵庫医科大学泌尿器科

関連論文

▼もっと見る