海洋ブイデータを利用したエルニーニョ現象を調べる実習教材の開発

元データ 2008-12-26

概要

エルニーニョ現象に関する先進的授業実践には,衛星画像を収録したCD-ROMを生徒一人一人に配布してコンピュータによる画像解析を行う実習が提案されていたが,エルニーニョ現象発生時の規則性の理解に重要な湧昇現象は取り扱っていない.海洋ブイデータを利用したエルニーニョ現象に関する実習教材を開発し,授業実践を行った.ブラウザソフトウエアはNOAAの海洋観測ブイが観測し加工した気象情報画像を表示するために用いられた.アンケート結果によれば,生徒がデータを入手し,データを読み取り必要な形に加工するという生徒主体の活動の存在が重要であること,このような活動には不可欠な生徒によるウェブ上の英文サイト閲覧の困難は今回の場合教師の簡単な説明があれば大きな障害にならないことが分かった.

著者

榊原 保志 信州大学

関連論文

▼もっと見る