膀胱における尿路上皮癌と悪性リンパ腫の衝突癌の1例

元データ 泌尿器科紀要刊行会

概要

70歳代男。患者は入院半年前から腰痛が出現, 腹部CTでも異常がみられた。更に精査を計画中に肉眼的血尿が始まり, 膀胱鏡では多数の凝血塊と左壁の乳頭状腫瘍を認めた。凝血塊の除去を行った後に, 即日入院となったが, 腹部CTでは肝臓のLDAと大動脈周囲のリンパ節腫脹を認め, 腹部MRIでは肝S5とS6に充実性腫瘤が認められた。また, 胃・膵頭部・腹腔動脈・SMA・傍大動脈周囲には多数のリンパ節腫脹が認められた。治療として脊椎麻酔下にTUR-Btを施行し, 肝のLDAに対しては超音波下肝生検が行われた。その結果, 膀胱は表在性尿路上皮癌と悪性リンパ腫の衝突癌, 悪性リンパ腫はNHL, B細胞型, stage IVと診断された。以後, 化学療法を1コース行い, 終了3週後からは肉眼的血尿は消失した。現在, 3年経過で体調は良好, 外来通院中である。

著者

加藤 久美子 名古屋第一赤十字病院女性泌尿器科
奥村 敬子 名古屋第一赤十字病院泌尿器科
加藤 久美子 女性泌尿器科医の会
加藤 久美子 東京慈恵会医科大学外科
古橋 憲一 名古屋第一赤十字病院 女性泌尿器科
古橋 憲一 碧南市民病院泌尿器科
加藤 久美子 名古屋第一赤十字病院
古橋 憲一 名古屋第一赤十字病院・泌尿器科

関連論文

▼もっと見る