測地線総和距離を用いた3Dアニメーションのためのスケルトン生成手法(「グラフィックスとアルゴリズム」特集)

元データ 2006-09-30 日本バーチャルリアリティ学会

概要

We propose a method of skeleton generation for 3D models. The proposed method works in real time. It consists of five steps: 1) transformation into the low polygon model from the original model that composed a large number of polygons, 2) calculation of the sum of geodesic distances from specific points to all vertices on the 3D model, 3) subdivision of the 3D model using the sum of geodesic distances, 4) generation of skeleton joints (skeleton node) on the each boundary surface between those subdivision areas, and 5) connection of each skeleton nodes. We also propose the method for flexible skeleton generation using boundary shapes and the sum of geodesic distances. By using this method, the skeletons can be generated in the area where the user specified. Accordingly, it is expected that user can create flexible animations of 3D models in real time.

著者

北村 喜文 大阪大学大学院情報科学研究科
伊藤 雄一 大阪大学大学院情報科学研究科
岸野 文郎 大阪大学大学院情報科学研究科
北村 喜文 大阪大学大学院工学研究科電子情報エネルギー工学専攻
仲井 渉 大阪大学 大学院情報科学研究科
小田 琢也 大阪大学大学院情報科学研究科
野村 克裕 大阪大学大学院情報科学研究科
小田 琢也 大阪大学大学院情報科学研究科:(現)株式会社日立製作所
仲井 渉 大阪大学大学院情報科学研究科
岸野 文郎 大阪大学大学院 工学研究科
北村 喜文 大阪大学大学院 工学研究科

関連論文

▼もっと見る