1A1-E21 バイオリン演奏ロボットの研究開発

元データ 一般社団法人日本機械学会

概要

We are studying the robot arm for playing a violin, which can play it like human. We develop a new bowing mechanism, and test the control method. We measured the condition for a pronunciation necessary for the performance violin.

著者

下条 誠 電通大
桑原 弘樹 電通大
関 博和 電通大
下条 誠 電気通信大学電気通信学研究科
笹田 康弘 電通大

関連論文

▼もっと見る