F211 高圧筒内直接噴射式水素エンジンの噴流形成が熱効率およびNOx排出量に及ぼす影響に関する研究(OS3 バイオマス・新燃料・環境技術)

元データ 2009-06-28

概要

In hydrogen engine, high thermal efficiency and low nitrogen oxide (NOx) emissions are required. For the achievement of them, there are many possible combinations of injection pressure, injection timing and ignition timing that can be used in a system that injects the fuel directly into the cylinder. In this study, different combinations of injection and ignition timings were classified as three combustion regimes, and experiments were conducted to make clear that each combustion regimes has their optimized fuel spray design for high thermal efficiency and low NOx emissions..

著者

川村 淳浩 (独)交通安全環境研究所
山根 公高 武蔵工業大学
高木 靖雄 武蔵工業大学
佐藤 由雄 (独)交通安全環境研究所
佐藤 由雄 交通安全環境研究所
山根 公高 武蔵工業大学工学部エネルギー基礎工学科
高木 靖雄 武蔵工業大学工学部エネルギー基礎工学科
高木 靖雄 東京都市大学工学部
山根 公高 武蔵工大 水素エネルギー研セ
佐藤 由雄 交通安全環境研
長沼 要 東京都市大学
本田 徹 東京都市大学
山根 公高 東京都市大学
川村 淳浩 交通安全環境研究所
野内 忠則 交通安全環境研究所
高木 靖雄 東京都市大学

関連論文

▼もっと見る