Cisplatin+Pemetrexed併用療法+Cisplatin胸腔内投与により長期間著効を維持した悪性胸膜中皮腫の1例

元データ 2010-11-25

概要

背景.Cisplatin+Pemetrexed併用療法は切除不能悪性胸膜中皮腫に対する標準的治療であるが,その治療成績は決して良好ではない.症例.55歳男性.2006年3月より労作時の呼吸困難を自覚し,症状が増悪したため2007年1月に近医を受診し右胸水貯留を指摘され当院紹介入院となった.胸腔鏡下胸膜生検より悪性胸膜中皮腫(IMIG分類cT4N0M0 stage IV)と診断した.右胸水ドレナージ後にCisplatin(75mg/m^2)+Pemetrexed(500mg/m^2)併用化学療法を開始したが,第2回目の投与後に発熱と右胸水再貯留を認めたため審査胸腔鏡を行い,胸水ドレナージの後にCisplatinの胸腔内投与を実施した.その後は胸水貯留を認めず,合計6コースの治療を実施し修正RECIST基準での判定では著効と考えられた.約3年経過したが再発兆候なく健在である.結論.Cisplatin+Pemetrexed併用療法+Cisplatin胸腔内投与により長期間著効を維持した悪性胸膜中皮腫の1例を経験した.

著者

山本 純 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器疾患部
島内 正起 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器疾患部
橋詰 寿律 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器疾患部
沼田 岳士 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器疾患部
塩澤 利博 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器疾患部
谷田貝 洋平 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器疾患部
國保 成暁 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器疾患部
林原 賢治 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器疾患部
斎藤 武文 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器疾患部
水渡 哲史 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器疾患部
水渡 哲史 国立病院機構茨城東病院呼吸器外科
林原 賢治 国立療養所晴嵐荘病院 研究検査科
林原 賢治 筑波大学医学専門学群附属病院 呼吸器内科
林 士元 国立病院機構茨城東病院呼吸器内科
斎藤 武文 国立療養所晴嵐荘病院内科
斉藤 武文 国立療養所晴嵐荘病院 研究検査科
関根 朗雅 国立病院機構茨城東病院内科診療部呼吸器内科
梅津 泰洋 国立病院機構茨城東病院臨床研究部
水渡 哲史 独立行政法人国立病院機構茨城東病院 呼吸器外科
水渡 哲史 国立病院機構茨城東病院 外科
斎藤 武文 国立病院機構茨城東病院内科診療部呼吸器内科
服部 有俊 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器外科
梅津 泰洋 独立行政法人国立病院機構茨城東病院臨床研究部
林 士元 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器内科
関根 朗雅 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器内科
沼田 岳士 筑波大学附属病院呼吸器内科
塩澤 利博 国立がん研究センター東病院呼吸器内科
國保 成暁 日本医科大学内科学講座(呼吸器・感染・腫瘍部門)
林原 賢治 国立病院機構茨城東病院内科診療部呼吸器内科
島内 正起 国立療養所晴嵐荘病院 外科
斎藤 武文 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器内科
林原 賢治 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器内科
橋詰 寿律 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器外科
山本 純 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器外科
島内 正起 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器外科
谷田貝 洋平 独立行政法人国立病院機構茨城東病院呼吸器内科
斎藤 武文 独立行政法人 国立病院機構 茨城東病院
國保 成暁 日本医科大学付属病院内科学講座呼吸器感染腫瘍部門
山本 純 慶應義塾大学医学部呼吸器外科

関連論文

▼もっと見る