薄膜スロットアンテナを結合したGaAsショットキーバリアダイオードのビデオ検波・ミクシング特性(第6回赤外放射応用関連学会等年会)

元データ 2009-02-06

概要

100GHz帯で動作する薄膜スロットアンテナを結合した完全薄膜型のGaAsショットキバリアダイオード(SBD)を製作し、ビデオ検波ならびにミクシング特性を中心に検討を行った。94GHz電磁波照射時のビデオ検波における検出電圧は、製作した素子の電流-電圧(I-V)特性から得られた理論的なバイアス電圧の依存性とよく一致し、アンテナで受信した信号を素子のI-V特性の非線形性により検波していることが確認できた。また、最適バイアス点での雑音等価電力密度(NEI)は約5.1×10^<-8>W/cm^2Hz^<1/2>であった。また、検出感度をさらに向上させるためSi延長半球レンズを準光学的に素子に結合した。半径10mmのレンズを結合することにより検出電圧は22.2dB向上し、3.12×10^<-10>W/cm^2Hz^<1/2>のNEIの値を得た。さらに、ミクシング測定において、完全薄膜型のSBDにより94GHzに対して7次までのハーモニックミクシングにおけるIF信号が観測できた。

著者

出原 敏孝 福井大学遠赤外領域開発研究センター
出原 敏孝 福井大 工
立木 隆 防衛大学校電気電子工学科
内田 貴司 防衛大学校電気電子工学科
林 功輔 防衛大学校電気電子工学科
古屋 岳 福井大学遠赤外領域開発研究センター
安岡 義純 防衛大学校電気電子工学科
安岡 義純 防衛大学校電気電子工学科:福井大学遠赤外領域開発研究センター
安岡 義純 防衛大学
古屋 岳 福井大学 遠赤外領域開発研究センター
安岡 義純 防衛大学校
内田 貴司 防衛大学校 電気電子工学科
出原 敏孝 福井大学遠赤セ
立木 隆 防衛大学校 電気電子工学科

関連論文

▼もっと見る