窒素ガスを用いた一方向凝固によるロータス型ポーラス炭素鋼の作製と機械的性質(力学特性)

元データ 2008-01-01 社団法人日本鉄鋼協会

概要

Lotus-type porous carbon steel (AISI1018) whose long cylindrical pores are aligned in one direction was fabricated by unidirectional solidification in pressurized nitrogen gas. The ingots with the porosity from 10 to 30% were fabricated under the nitrogen gas pressure of 2.5MPa at various transference velocities from 40 to 160μm s^<-1>. Tensile strength was measured for Lotus-type porous carbon steel. Elongation was improved due to normalizing at 1200K. The yield strength does not change even in lotus steel less than 20% in porosity. This superior property is attributed to nitrogen solid solution hardening and pore existence.

著者

中嶋 英雄 東北大金研
中嶋 英雄 大阪大学産業科学研究所
玄 丞均 大阪大学産業科学研究所
鈴木 進補 大阪大学産業科学研究所金属材料プロセス研究分野
鈴木 進補 大阪大学 産業科学研究所
樫原 一 (株)森精機製作所
米谷 周 (株)森精機製作所
小尾 孝宏 (株)森精機製作所
鈴木 進補 早稲田大 高等研
鈴木 進補 大阪大学産業科学研究所

関連論文

▼もっと見る