引張軸力を受けるSRC造非埋込み形柱脚の耐力と変形性能について

元データ 2003-07-30 社団法人日本建築学会

概要

The unembeded type of the column bases of Steel Reinforced Concrete buildings were severely damaged by Hyougoken Nanbu Earthquake in 1995. The anchor bolts and main reinforcing bars were often broken. This is mainly due to the lack of consideration of the tensile force caused by the overturning moment during earthquakes. In this report the strength and ductility of the unembeded type of column bases are examined. The strength of a column base can be evaluated by the sum of the strength of the components unless the bond between the concrete and reinforcing bars is deteriorated. The large amount of tensile force deteriorates the ductility of the column base. We propose the formula to predict the ductility of the column base which relates the parameter "effective tensile force ratio" considering the bond strength as well as tensile strength.

著者

成原 弘之 大成建設(株)構造研究室
今井 和正 大成建設(株)技術センター
成原 弘之 大成建設技術センター
福元 敏之 鹿島建設(株)技術研究所
福元 敏之 鹿島建設(株)技研
称原 良一 清水建設(株)技術研究所
澤本 佳和 鹿島技術研究所
澤本 佳和 鹿島建設(株)技術研究所
中澤 春生 清水建設(株)技術研究所
成原 弘之 大成建設(株)
中澤 春生 清水建設技術研究所
称原 良一 清水建設(株)
称原 良一 清水建設(株)建築技術部
称原 良一 清水建設(株)生産技術統括
澤本 佳和 (株)小堀鐸二研究所
福元 敏之 鹿島技術研究所
今井 和正 大成建設(株)技術センター建築技術研究所
今井 和正 大成建設(株) 技術センター 建築技術研究所 建築構工法研究室
澤本 佳和 鹿島建設(株)

関連論文

▼もっと見る