光電界センサを用いた球面走査型近傍界測定法におけるアンテナ絶対利得測定法(アンテナ設計解析技術・一般)

元データ 2005-01-13 社団法人電子情報通信学会

概要

本報告では光電界センサを用いた球面走査近傍界測定法において、効率100%の基準アンテナを利用して測定系の校正を行うアンテナ絶対利得測定法を提案する。測定において基準アンテナとして使用した市販のログペリアンテナのアンテナ効率が周波数1GHzにおいてほぼ100%であることを市販のFDTD法を使った計算ソフトによる計算結果や遠方界での3アンテナ法による測定値などから確認した。また今回使用した光電界センサによる近傍界測定装置では1dB程度の不確かさでアンテナの絶対利得が測定できることがわかった。

著者

黒川 悟 産業技術総合研究所 計測標準研究部門
小見山 耕司 独立行政法人産業技術総合研究所
小見山 耕司 産業技術総合研
石曽根 孝之 東洋大学工学部
黒川 悟 (独)産業技術総合研究所計量標準総合センター
廣瀬 雅信 産業技術総合研
黒川 悟 産業技術総合研

関連論文

▼もっと見る