光強度変調器を用いたアンテナ特性計測の試み

元データ 2005-01-14 社団法人電子情報通信学会

概要

マイクロ波をレーザ光の強度変調光に変換して光ファイバを用いて伝送し, その強度変調光をマイクロ波に変換して測定する光電磁界センサシステムにおいて, 光増幅器を用いることにより光-電気変換特性を改善する手法をすでに提案している.本手法では, 光強度変調信号を光増幅器で増幅することにより, 光-電気変換特性を33dB程度改善できること確認している.提案手法を受信アンテナに利用した結果は測定周波数範囲でおおむね0.5dB程度の以下の差で一致している.

著者

廣瀬 雅信 産業技術総合研究所計測標準研究部門電磁波計測科
黒川 悟 産業技術総合研究所計測標準研究部門電磁波計測科
小見山 耕司 産業技術総合研究所計測標準研究部門電磁波計測科
黒川 悟 産業技術総合研究所 計測標準研究部門
小見山 耕司 独立行政法人産業技術総合研究所
廣瀬 雅信 独立行政法人産業技術総合研究所
小見山 耕司 産業技術総合研
黒川 悟 (独)産業技術総合研究所計量標準総合センター
廣瀬 雅信 産業技術総合研
黒川 悟 産業技術総合研

関連論文

▼もっと見る