多臓器不全への進展を防止する新しい治療戦略CTR(多臓器不全とアフェレシス)

元データ 2004-02-29 日本アフェレシス学会

概要

Systemic inflammatory response syndrome (SIRS) is one of the main causes for progression of multiple organ failure (MOF). Hypercytokinemia plays a main role in this progression. It is well known that continuous hemodiafiltration therapy (CHDF) is effective for SIRS. CHDF therapy has a potential for removing the inflammatory related cytokines in SIRS patients. It is indicated that CHDF therapy can improve SIRS and MOF via adsorbing the inflammatory related cytokines. Therefore the adsorption column for inflammatory related cytokines can ameliorate SIRS and MOF via same mechanism as CHDF. It is reported that the β2-microglobulin adsorbent column has the potential for adsorption of the inflammatory related cytokines and improving SIRS. In this paper the possibility of CTR for use in the treatment of SIRS, which was developed for adsorbing inflammatory related cytokines, is discussed.

著者

野中 聡 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座
野中 源一郎 九州大学薬学部
野中 倫明 東京都立大塚病院 外科
金井 直樹 北見赤十字病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科
仲谷 達也 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学
武本 佳昭 大阪市立大学
土田 健司 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学
武本 佳昭 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学
吉村 力勇 大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学
武本 佳昭 大阪市立大学 大学院 医学研究科 代謝内分泌病態内科学
吉村 力勇 大阪市立大学 大学院泌尿器科学教室
土田 健司 大阪市立大学 大学院 医学研究科 代謝内分泌病態内科学
土田 健司 大阪市立大学 泌尿器科
吉村 力勇 大阪市立大学大学院泌尿器病態学
仲谷 達也 大阪市立大学

関連論文

▼もっと見る