肺癌におけるTPAの意義

元データ 1989-12-20 日本肺癌学会

概要

肺癌患者191例,非癌肺疾患患者379例,健常者188例の血清中TPAをIRMAキットを用いて測定した.血清TPAの感度,特異度,正診率はそれぞれ57.3%,87.1%,77.0%であった.また免疫組織学的検討では,TPAは肺癌の組織型に関係なく高率に癌細胞中に証明された.この新たなIRMAキットを用いることにより,従来のTPA測定キットの欠点であった特異度が改善され,肺癌における腫瘍マーカーとしてのTPAの意義は向上したと考える.

著者

池田 貞雄 京都桂病院呼吸器センター
石田 久雄 京都桂病院呼吸器センター
塙 健 京都桂病院呼吸器センター
松原 義人 京都桂病院呼吸器センター
船津 武志 京都桂病院呼吸器センター
小鯖 覚 京都桂病院呼吸器センター
八木 一之 京都桂病院呼吸器センター
畠中 睦郎 京都桂病院呼吸器センター
松原 義人 京都桂病院
塩田 哲広 洛和会音羽病院呼吸器科:(現)赤穂市民病院呼吸器科
八木 一之 赤穂市民病院 呼吸器科
八木 一之 京都桂病院
塩田 哲広 京都桂病院呼吸器センター
小鯖 覚 京都桂病院
塙 健 京都桂病院
石田 久雄 京都桂病院
池田 貞雄 京都桂病院呼吸センター

関連論文

▼もっと見る