6.非小細胞肺癌(stage I〜IIIA)におけるp53とKi-ras遺伝子の予後因子としての意義

元データ 1994-10-20 日本肺癌学会

著者

安光 勉 大阪府立羽曳野病院第1外科
菊井 正紀 大阪府立羽曳野病臨床病理検査科
久保 昭仁 国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科
高田 実 大阪府立羽曳野病院第2内科
古武 彌宏 大阪府立羽曳野病院外科
森野 英男 大阪府立羽曳野病院
細野 芳美 大阪府立羽曳野病院病理診断科
久保 昭仁 大阪府立羽曳野病院窮2内科
福岡 正博 大阪市立総合医療センター内科
細野 芳美 大阪府立羽曳野病院臨床病理検査科
細野 芳美 大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター病理診断科
細野 芳美 大阪府羽曳野病院検査部
吉川 厚子 大阪府立羽曳野病院第2内科
中川 和彦 大阪府立羽曳野病院第2内科
平島 智徳 大阪市立総合医療センター呼吸器内科
吉川 厚子 大阪市立総合医療センター内科
細野 芳美 大阪府立羽曳野病院
安光 勉 大阪府立羽曳野病院外科

関連論文

▼もっと見る