黄色肉芽腫性精巣上体炎の1例

元データ 1999-11-20 社団法人日本泌尿器科学会

概要

症例は脊損,糖尿病を有する45歳男性.熱発,無痛性陰嚢内腫瘤にて来院した.超音波検査にて精巣上体炎および膿瘍形成と診断したが,精巣腫瘍も否定できず精巣摘除術を施行した.精巣上体は黄色光沢のある組織で置換され,周囲に膿瘍形成を認めた.病理組織学的検査では泡沫細胞を中心とする黄色肉芽腫性精巣上体炎であった.泌尿器科領域の黄色肉芽腫性炎は腎盂腎炎が数多く報告されているが,精巣上体炎は国外で1例報告されているのみであり,本症例は本邦第1例目と考えられた.

著者

三股 浩光 大分医科大学泌尿器科
野村 芳雄 大分医科大学泌尿器科
笠木 康弘 大分医科大学泌尿器科
星野 鉄二 大分医科大学泌尿器科学教室
松原 孝典 大分大学医学部腎泌尿器外科学
野村 芳雄 大分医科大学 泌尿器科
松原 孝典 大分医科大学泌尿器科学教室
笠木 康弘 笠木泌尿器科クリニック
星野 鉄二 大分大学 医学部外科系臨床医学群腎泌尿器外科学講座

関連論文

▼もっと見る