日本人成人男子の総テストステロン,遊離テストステロンの基準値の設定

元データ 2004-09-20 社団法人日本泌尿器科学会

概要

(目的)日本人成人男子の血清総テストステロン(総T)および遊離テストステロン(遊離T)の基準値を設定すること.(対象と方法)健常に日常生活を営んでいる年齢20歳から77歳の男性1,143例を対象とした.採血時間は総Tおよび遊離T共に日内リズムを認めたことから高値で比較的安定に推移する午前中に実施し,分離した血清検体は測定まで-20℃保存した.(結果)総Tの基準値は加齢の影響が小さかったことから全データを一括して2.01〜7.50ng/mL(平均±2SD)と設定した.一方遊離Tは加齢の影響を強く認めたことから10歳毎の年齢階層別に群別して,その基準値(平均値±2SD)を求めた.20歳代は8.5〜27.9p2/mL,30歳代は7.6〜23.1pg/mL,40歳代は7.7〜21.6pg/mL,50歳代は6.9〜18.4pg/mL,60歳代は5.4〜16.7pg/mL,70歳代は4.5〜13.8pg/mLと設定した.(結論)日本人成人男子の総Tおよび遊離Tの基準値を設定した.また,遊離Tについては,基準値とは別に20〜39歳の若年成人平均(YAM: Young Adult Mean)値を求め,このYAM値の80% (12.4pg/mL)および70%値(10.9pg/mL)を,男性ホルモン補充療法の参考適用値として提示した.

著者

柳瀬 敏彦 九州大学大学院医学研究院病態制御内科(第三内科)
名和田 新 九州大学大学院医学系研究院
名和田 新 九州大学 大学院医学研究院病態制御内科学
岩本 晃明 聖マリアンナ医科大
馬場 克幸 聖マリアンナ医科大
並木 幹夫 金沢大学大学院医学系研究科泌尿器科
高 栄哲 金沢大学大学院医学系研究科集学的治療学
堀江 均 (株) 三菱化学ビーシーエル
堀江 均 (株)三菱化学ビーシーエル
堀江 均 株式会社三菱化学ビーシーエル
名和田 新 九大 大学院医学研究院 病態制御内科学 (第三内科)
名和田 新 九州大学第三内科
馬場 克幸 聖マリアンナ医科大学泌尿器科学
高 栄哲 金沢大学医薬保健研究域医学系泌尿器科
柳瀬 敏彦 福岡大学 医学部内分泌・糖尿病内科学
柳瀬 敏彦 九州大学大学院医学研究院
名和田 新 国立病院機構別府医療センター 消化器科
岩本 晃明 聖マリアンナ医大泌尿器科
名和田 新 九州大学大学院 病態制御内科学
名和田 新 九州大学大学院医学研究院病態制御内科(第三内科)
名和田 新 九州大学医学部附属病院第三内科
柳瀬 敏彦 九州大学大学院医学研究院病態制御内科学
高 栄哲 金沢大学大学院医学系研究科がん制御学講座集学的治療(泌尿器科学)

関連論文

▼もっと見る