術前手洗い時の手指細菌 : 特にブラシ洗い時使用消毒薬の影響を中心に

元データ 1991-06-01 日本医療機器学会

概要

We had been performing a microbiological study on finger-tips of surgeons and nurses before and after surgical scrubbing followed by 0.05% chlorhexidine alcohol splash and immediate post-operative period using modiffied fingerprint plate method. In the present study, we focused on the bacterial elimination effect of povidone-iodine and chlorhexidine for hand-scrubbing. Finger-tip bacteria were eliminated more effectively with chlorhexidine than with povidone-iodine after scrubbing, splash and surgical operations. As expeced, bacterial elmination rate was highest after scrubbing. Interestingly, the finger-tip bacterium positive ratio was significantly lower for nurses than in surgeons on pre-scrubbing, post-scrubbing and post-operation samples.

著者

釘宮 豊城 順天堂大学麻酔科学・ペインクリニック講座
小林 寛伊 東京大学医学部感染制御学教室
都築 正和 東京大学医学部附属病院中央手術部
都築 正和 東京大学
釘宮 豊城 東京大学医学部麻酔学教室
釘宮 豊城 東京大学医学部手術部:鳥取大学医学部麻酔科:国立小児病院麻酔科:株式会社アイカ
林 キイ子 東京大学医学部附属病院手術部
高橋 泰子 東京大病院手術部
高橋 泰子 東京大学医学部附属病院手術部
都築 正和 東京大学医学部中央手術部
高橋 泰子 東京大学医学部附属病院中央手術部
釘宮 豊城 東京大学医学部中央手術部

関連論文

▼もっと見る