三次元突起による平板乱流熱伝達の促進 : 第1報、有限長円柱突起まわりのフローパターンと再付着領域の熱伝達

元データ 1984-04-24

概要

三次元形状粗さ要素をもつ高性能粗面伝熱面に関する基礎資料を得るため、突起高さと境界層厚さの比が1のオーダにある三次元形状突起による強制対流熱伝達促進効果の解明を試みた。本報では単一の有限長円柱突起について、その近傍領域の局所熱伝達特性および流動特性を実験的に調べ、伝熱促進に適した形状パラメータを求め、また伝熱促進に有効な流れ構造を明らかにした。また極大熱伝達率についての整理式を求めた。

著者

河村 隆雄 岐阜工業高等専門学校機械工学科
檜和田 宗彦 岐阜大
熊田 雅弥 岐阜大学
檜和田 宗彦 岐阜大工
桧和田 宗彦 岐阜大学工学部
馬渕 幾夫 岐阜大学工学部
熊田 雅弥 岐阜大学工学部

関連論文

▼もっと見る