遺伝子は物理の対象になるか? (生命の設計図に迫る! : ヒトゲノム計画と知識情報処理)

元データ 1993-05-05 社団法人日本物理学会

概要

この小特集では生物の設計図であるゲノムについての最近の研究について紹介する.1990年代に入って,ヒトゲノム計画を始めとして多くのゲノム解析計画が始まり,生物についての理解が飛躍的に進むことが期待されている.この新しい生物科学の流れの中では情報学や物理学も無縁ではなく,むしろ非常に重要な役割を果たすのではないかと思われている.しかし,物理学会誌の読者の中には,生物について詳しい人はあまり多くないと思われるので,まずここでは生物やゲノムの基礎事項,その物理的側面および解決すべき問題点などをまとめておきたい.あとで参照しやすいようにできるだけ箇条書きにすることにした.

著者

美宅 成樹 東京農工大・工・生命工
Mitaku Shigeki Dept. Of Appl. Phys. Grad Sch. Of Engi. Nagoya Univ.

関連論文

▼もっと見る