リハビリテーション施行中に髄液短絡再建術が必要になった症例について : 第27回日本リハビリテーション医学会総会 : シャント術

元データ 1990-12-18 社団法人日本リハビリテーション医学会

著者

山田 正三 虎の門病院内分泌センター間脳下垂体外科
関 要次郎 虎の門病院脳神経外科
関要 次郎 虎の門病院脳神経外科
山田 正三 虎の門病院 間脳下垂体外科
高田 浩次 虎の門病院脳神経外科
梅津 博道 虎の門病院脳神経外科
相羽 正 虎の門病院脳神経外科
土田 昌一 鶴巻温泉病院リハビリテーション科
土田 昌一 虎の門病院脳神経外科
相羽 正 虎の門病院分院脳神経外科
山田 正三 虎の門病院 内分泌セ
山田 正三 虎の門病院 内分泌センター 間脳下垂体外科
関 要次郎 虎の門病院 脳神経外科
関 要次郎 東京大学医学部附属病院分院 耳鼻咽喉科
関 要次郎 虎の門病院(共済) 耳鼻咽喉科
山田 正三 虎の門病院内分泌センター 間脳下垂体外科
土田 昌一 虎の門病院消化器外科
相羽 正 虎の門病院

関連論文

▼もっと見る