野生動物からのE型肝炎ウイルス(HEV)とHEV抗体の検出および猟師らのHEV抗体保有状況

元データ 2006-06-25 社団法人 日本肝臓学会

概要

Sporadic cases of hepatitis E have been reported in developed countries including Japan. The source of HEV in many cases is unknown, although zoonotic transmission has been suggested. In this study, HEV strains detected from wild boars have been characterized by RT-PCR and sequencing and an antibody to HEV has been measured in Japanese wild boars and hunters families. Of the 91-wild boars, 25 strains were seropositive for HEV, and eleven were positive for HEV-RNA. Sequencing analysis showed that HEV detected from wild boars in Aichi belong to genotype IV cluster. These results indicate that HEV is widespread in the wild boar of this area and that wild boar may serve as reservoirs for HEV infection.

著者

山下 照夫 愛知県衛生研究所 微生物部
伊藤 雅 愛知県衛生研究所 微生物部
小林 愼一 愛知県衛生研究所
小林 愼一 愛知県衛生研究所 微生物部
長谷川 晶子 愛知県衛生研究所微生物部
榮 賢司 愛知県衛生研究所微生物部
伊藤 雅 愛知県衛生研究所
榮 賢司 愛知県衛生研究所
榮 賢司 愛知県衛生研究所 微生物部
山下 照夫 愛知県衛生研究所
山下 照夫 愛知県衛生研究所微生物部
山下 照夫 愛知県衛研
長谷川 晶子 愛知県衛生研

関連論文

▼もっと見る