鳥由来検体からのオウム病クラミジアの遺伝子抽出法の検討

元データ 2005-02-20

著者

岸本 寿男 岡山県環境保健センター
安藤 秀二 感染研
田原 研司 Shimane Prefectural Institute of Public Health and Environmental Science
安藤 秀二 国立感染症研究所ウイルス第一部
岸本 寿男 国立感染症研究所ウイルス第一部
小川 基彦 国立感染症研究所ウイルス第一部
岸本 寿男 国立感染症研究所ウイルス第一部リケッチア・クラミジア室
岸本 寿男 国立感染症研究所
岸本 寿男 日本大学医学部附属駿河台病院 循環器科
岸本 寿男 国立感染症研究所 ウイルス第1部リケッチア・クラミジア室
蔡 燕 国立感染症研究所ウイルス第一部
スティヨノ アグス 国立感染症研究所ウイルス第一部
福士 秀人 岐阜大学農学部獣医学科
田原 研司 島根県保健環境科学研究所感染症疫学科
岸本 寿男 国立感染症研究所 ウイルス第一部 第五室
田原 研司 島根県保健環境科学研究所
蔡 燕 国立感染症研究所 ウイルス第1部
安藤 秀二 国立感染症研究所 ウイルス第一部
Agus Setiyono 岐阜大学農学部家畜微生物学教室
SETIYONO Agus 国立感染症研究所ウイルス第一部
Setiyono Agus Department Of Veterinary Microbiology Faculty Of Agriculture Gifu University
スティヨノ アグス 岐阜大学農学部家畜微生物学講座:インドネシア・ボゴール農業大学獣医学部家畜病理学研究室
Fukushi H Department Of Veterinary Microbiology Faculty Of Agriculture Gifu University
安藤 秀二 国立感染症研究所
福士 秀人 岐阜大学農学部

関連論文

▼もっと見る